イベント, ランチ, 雪だるま, 雪景色, , 貸切露天風呂, Mt.norikura, 冬の過ごし方, 天然温泉, 家族, 家族のストーリー

アルムを訪れる家族のストーリー

1月の連休最終日から、待ちわびていた雪がたっぷりと積もり、
それから毎日雪、雪、雪。
連日の除雪作業でアルムの父ちゃんより先にブルドーザーが根を上げてしまったようです。
でもお陰さまでゲレンデコンディションは最高!
皆様、ぜひ今週末滑りにお越し下さい!!
アルムも大きなつららがぶら下がり、すっかり冬の姿に。

この年末年始には7,8年ぶりにお越し下さったご家族がいらっしゃいました。
それまではお二人で、ご家族と、お友達ご家族と、ととにかく毎年お越し頂いていたのですが、
めでたく赤ちゃんが誕生し…
その赤ちゃんがすっかり大きくなって、久々にお越し下さいました!

dc170101-%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%a7%98%e3%81%a8

アルム家族とこの冬手伝ってくれたゆかちゃんと、
みんなでパチリ!嬉しい、嬉しい再会の年末年始だったのでした。
またお会いできるのが楽しみです♪

そして連休には、これまた嬉しい再会が。
ご家族でお店に、ご宿泊に、とこちらも何度もお越し下さっているお客様。

dc170109-%e8%8f%8a%e4%ba%95%e6%a7%98%e5%92%b2%e5%b8%8c%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a8

お譲様がまだ小学校低学年位の頃…
ご宿泊して下さった時に、『お姉さんへ』 とお手紙をくれたのです。
一文字一文字大切に、丁寧に書かれた文字と、とってもかわいく描かれた私であろうお姉さん。
もう嬉しくって嬉しくってこの時頂いたお手紙を今も大事にしまってあるのです。
お越し頂く度に背も伸びて、どんどんお姉さんになってゆく姿に、毎回あっと驚かされます。
いつもありがとうございます。次回もお会いできるのが楽しみです。

dc170109-yukacyan

そして、この冬アルムを手伝いに駆け付けてくれたゆかちゃん。
おチビの相手をしながらお部屋掃除や食器の片付けをこなしてくれました。
どこへいくにもゆかちゃんのおしりを追いかける金魚のフン状態のおチビ。
威勢が良く、明るく楽しいスキーヤーゆかちゃん、ありがとう。また待ってます。

ゲレンデはしばらく毎日パウダーが続きました。
降り続いた雪にしっかりと圧雪が入り、今朝もコンディションは最高。

dc170109-kensb2

Spring Bankのマスターが撮影してくれました!
私も思いっきりパウダーに突っ込みたいなぁ! ガマン、ガマン。

dc170109-kensb

リトル・ピークスさんの氷爆の善五郎の滝へスノーシューツアーにお出掛けになったお客様も大興奮で戻って来られます。
やはり冬は雪と遊ぶのが一番楽しいですね。

≪アルム冬の空室情報≫
1月28日 お陰さまで満室です。
2月11日 残り洋室3部屋

これ以外はまだまだお部屋に余裕がございます。
この冬まだ雪と戯れていないよ!という方、
お友達やご家族を誘ってぜひ乗鞍に遊びにお越し下さい。
1月29日には『雪だるまつり』があります。
広~い雪原で雪だるま作りたい放題!

リフト券もお得、お泊まりのお客様は1日券が4100円→2500円になります。
学生のみなさん、2月1日からは 学生平日割 始まります!
2・3月の平日は大学・短大・専門学校生は1日券なんと2000円。
(※免許証等の身分証が必要となりますので、お持ちください)
また 19歳、20歳の方はもっとお得!!
19歳の方はリフト券無料
20歳の方はリフト券が最大半額 になります。

こんなに安くていいのかMt.乗鞍…

思い切り遊んだ後はあたたかい温泉とお料理が待っています。
皆様のお越しを、心よりお待ちしております!

 

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951

 

トレッキング, ランチ, 野鳥, 自然観察, 自家野菜, 自家製スイーツ, 雪景色, , 貸切露天風呂, 黄葉, 冬の過ごし方, 天然温泉, 家族, 新そば, 星空, 一ノ瀬園地

白銀の乗鞍岳

11月1日 乗鞍岳初冠雪。
そして今朝の乗鞍岳。
青い空と真っ白な乗鞍岳があまりにもきれいで驚きの声を上げた今朝。
雪のかぶり具合で山が青と白のグラデーションに見えるのもこの時期の美しさ。

dc161104-norikura

すぐ隣のカラマツのお山は、黄金に輝いています。

dc161104-karamatsu

先日、お散歩で番所大滝のすぐそばにあるちどり池にお散歩に出掛けました。

dc161130-chidori

落ち葉かさこそ散歩道♪

dc161030-chidori

しばらくするともともといた小鳥たちの群れが帰って来たようで
たくさんのさえずりに囲まれました。

dc161030-chidoriike

水面に落ちた葉まで輝いて見えました。

晩秋・初冬、この二つの季節を行ったり来たり。
いつどんなシーンに出会えるか分かりません。
お散歩にはカメラが欠かせませんね。

さてアルムでは昨年と同様、
『ご宿泊者限定、Mt.乗鞍リフト券割引』をこの冬もご用意致します。
Mt.乗鞍リフト1日券
大人4100円→2500円
シニア・高校生3100円→2000円(シニアは55歳以上)
お子様2000円→1500円(お子様は中学生以下)
*除外日12月29日~1月3日
尚、Mt.乗鞍単独シーズン券は11月30日までのお申し込みがお得です。
Mt.乗鞍のHP

アルムでは年末年始のご予約も承っております。
寒くなり、温泉が心地良い季節がやって来ました。
ウィンターシーズンが始まるまでの静かなのりくら高原で
散策、新そばを味わい、ゆっくりまったりされるのもおススメです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951

 

トレッキング, 登山, , 記念日, Mt.norikura, 家族, 家族のストーリー

アルムと家族のストーリー ~世代を越えて~

お陰さまで39周年を迎えたアルム。
この夏は嬉しいことが続いています。
当館にお越し頂いているお客様方の、
『ご家族のストーリー』をたくさん見せて頂いています。
まずはこちらのご家族から。

dc169728-murakamisama2

昨年の冬、お兄さん(左)にご友人とお泊まり頂きました。
そしてこの夏、ご両親をお連れ下さり、再びアルムに帰ってきて下さいました。
子供の頃、ご家族で何度も何度も乗鞍にお越し頂いていたそうです。
実はお父様はご体調を崩されていたそうです。
息子さんが『この夏、乗鞍岳に登ろう!』とお父様と約束し、
お父様は昔何度もご家族で訪れた乗鞍岳登山を目標にリハビリとしてウォーキングを続け、
見事3026m、乗鞍岳剣ヶ峰にご登頂されました。
この日の乗鞍岳からの眺めは…もう最高でした!!
ご到着時から、ご出発の時まで終始絶えなかったご家族の笑顔が印象的です。

dc160722-norikura

次のストーリーは長~い常連様のお話。

dc160809-nishizawasama2

もう30年以上前から毎年、(年に2回の年も)アルムにお越し頂いています。
初めはお二人で。
お子様がどんどん増え、かわいいお姉さんたちが今はもうすっかり大人になり、
真ん中のお姉さんはご結婚され、ご主人と一緒にアルムに帰ってきて下さいました。
12年前、「カレシはねぇ…う~ん、おとーさんみたいなひとがいいな。」
と言っていた通り、どことなくお父様に似た雰囲気のご主人と。

dc160807-nishizawayuriecyan

ささやかですが、乗鞍ブルーベリーと庭のフサスグリのタルトでお祝いさせて頂きました。
おめでとうございます。末永くお幸せに!

この夏は、他にも、赤ちゃんの頃からご両親と何度もご宿泊頂いていて、
その赤ちゃんだった方がすっかりお兄さんになって彼女さんと一緒に乗鞍に帰ってきてくれました。
アルムのアルバムに当時の写真が残っていて、懐かしそうにご覧になっていました。

世代を越えて当館にお越し頂けること、感謝でいっぱいです。

次は、ご家族ではなく、会社の旅行でお越し下さっている方々のお話。
全国各地にある支社から社員の皆様が集まり当館で合流、ディナーの後は親睦会。
始めはスキー・スノーボードの冬合宿だったのですが、いつの間にか夏もお越し頂き、
夏も冬もお越し頂くようになりました。

dc160806-kusumotosama2

毎回お誕生日の方が居て、ケーキのご注文を頂きます。
乗鞍高原のフレッシュブルーベリータルトをご用意しました。

dc160806-kusumotosama

サプライズで用意されたケーキにキャンドルを灯し、
バースディソングを全員で歌うのを見ていると、会社、というよりも、
大きな家族なんだなぁ、と思うのです。

dc160808-soba

白い蕎麦の花揺れる乗鞍高原の夏。
暑さを楽しめるのはあと数日です。
お盆を過ぎた瞬間、秋の空気に変わる乗鞍。
15日以降まだお部屋ご用意出来ます。
夏の疲れを癒しにぜひ乗鞍高原へお越し下さいね。

お花, トレッキング, 野鳥, 自然観察, Mt.norikura, 写真撮影, 天然温泉, 家族, 新緑, 森林浴

こどもと森へ。6月の原生林

梅雨が始まると歩きたくなる場所があります。
それは…
乗鞍高原、原生林の森の中。

dc160612-shinanoki

森に入って最初に出会うのは大きな洞の空いたシナノキの古木。
穴の中に入ったらトトロに抱っこされてお空に飛んで行けそうな…

dc160612-mif2

そんな大木です。

dc160612-mifpapa7 (2)

オオルリ、ミソサザイ、メボソムシクイにエゾムシクイ、キビタキにホトトギス、ヒガラに遠くからツツドリの声も。
エゾハルゼミも一斉に鳴きはじめました。

dc160612-ginryo2

苔生す足元には…。
この時期しか会えないギンリョウソウが咲き始めていました。

dc160612-ginryo6

美しいこの姿、雨上りにももう一度ここに来たい、と思いながらシャッターを切ります。

dc160612-ginryo5

まるで妖精のドレスの様。
透けて輝いている姿を見つけ、息を飲みます。

dc160612-ginryo9

なんてきれいなんだろう。

dc160612-ginryo10

兄弟で咲いているものや、

dc160612-ginryo4 (2)

ひっそり一人で咲いているものも。
「これきれい。持って帰りたい。」とおチビ。
このお花はこの森でしか生きていけないことを伝え、
大切にすること、
またこの森に来て、このお花に会いに来ることを約束して進みます。

dc160612-gonryo9

これがまた不思議なこと!
真っ白ではなく、ちょっとグレーがかったものもあるのです。
毎年この場所に咲くギンリョウソウはこの色。
なぜか?
ちょっと調べてみたくなりました。

dc160612-gozen2

咲いたばかりの初々しいゴゼンタチバナや

dc160612-maiduru

プチプチ弾けるマイヅルソウを見つけ、

dc160612-kometuga

しっとりと柔らかいコメツガの新芽を触りながら進むと、

dc160612-ushidome

鏡のような牛留池に出てきます。
聞こえてくるのはモリオアガエルの鳴声。
そろそろ周りの茂みから泡のように下がるカエルの卵が見つけられる頃です。

dc160612-ruriito

瑠璃色のルリイトトンボや、

dc160612-kaojirotonbo

乗鞍では牛留池にしかいないカオジロトンボにも会えます。
乗鞍高原はこのトンボの生息地の南限だと、乗鞍自然保護センターのお姉さんが教えてくれました。

外で食べるおにぎりのおいしさを味わいながら、
また乗鞍高原の宝物を見つけて帰って来たのでした。

6月の乗鞍。
静かに、じっくり、ゆっくりと森の生命力を感じに来ませんか?

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263‐93‐2951

お花, トレッキング, 登山, 野鳥, 雪壁, , 貸切露天風呂, Mt.norikura, 天然温泉, 家族, 新緑, 一ノ瀬園地, 乗鞍岳春山バス

新緑の中をてくてく♪

今日は春山バスを途中下車、東大ヒュッテ口から東大ヒュッテ、夜泣き峠、一ノ瀬キャンプ場、アザミ池、ネイチャープラザでソフトクリーム、二人の小道、オルガン橋を渡って帰ってきました。

久々に一人で入った森。

dc160520-toudaihyutte

最初はちょっと心細いけれど、キビタキやミソサザイ、ツツドリのさえずりを聞き、

dc160520-takeshimaran.JPG

タケシマランの花に見とれているうちに、すっと森になじんでゆく。
ちょっと森に入っただけで、重かった体と脳みそが息を吹き返すこの感じ。

dc160520-toudaihyutte4.JPG

今まで何度、こうやって森の空気から元気をもらってきただろう。

dc160520-toudaihtutte6.JPG

久々の一人の時間。

dc160520-yonaki.JPG

夜泣き峠の急な坂を注意深く下って振り返ると

dc160520-mizunara2

春を叫んでいるかのようなミズナラに会う。

dc160520-yonakishita

まだ目を覚ましたばかりの緑たち。

dc160520-benibanaichiyakusou

もう咲こうとしているベニバナイチヤクソウ。

dc160520-ichinose.JPG

柔らかい若緑に見とれているとカッコウが鳴く。
エゾハルゼミが鳴く。

dc160520-azamiike

アザミ池ではモリアオガエルが鳴き、
ミツガシワの白い花が水面に映っている。

dc160520ソフト.jpg

ガマンできずにネイチャープラザでソフトクリーム。

dc160520-futarinokomichi.JPG

二人の小道を一人で歩くと、キビタキの雄が羽をぶんぶん鳴らして縄張り争い中!

dc160520-okame.JPG

木漏れ日で明るく照らされたオオカメの木の葉。

dc160520-futarinokomichi2.JPG

緑の苔に覆われた岩とせせらぎのお気に入りスペースで一休み。

dc160520-orugan2

オルガン橋はムラサキヤシオに彩られてステキ。

dc160520-yahazu

あっという間に午前中が終わっているのでした。
体力や体調、気分に合わせて選べるトレイルがこんなにも身近に、
豊富にある乗鞍高原。
雪壁だけじゃもったいないんです。

ゆっくり歩きにお越し下さいね。
その後の温泉は格別…。