お花イベントトレッキングレンゲツツジ、新緑野鳥雪景色貸切露天風呂Mt.norikura天然温泉山菜新緑水芭蕉一ノ瀬園地乗鞍岳春山バス

乗鞍のニリンソウ、新緑と花の季節到来!

ニリンソウといえば上高地、いえいえ。
すぐお隣の『のりくら高原』にもこんなステキなニリンソウの群生地があります。
例年より早く見ごろを迎えています。

dc160510-nirinso7

小道の両脇が可憐なニリンソウで埋めつくされていて、

dc160510-nirinso6

ここを歩くだけで幸せな気分になれる場所。
アカゲラやアオゲラの木をたたく『コロロロ…♪』
オオルリにコルリ、キビタキ、メボソムシクイにエゾムシクイ、ヤブサメ、
今シーズン初めて聞けたルリビタキ。

dc160515-nirinso3

日が差し込むとお花が開いてさらにフォトジェニックな世界に。

dc160514-zabouan6

一ノ瀬園地座望庵からの夕景もステキです。
新緑が西日を透かして輝いていました。

dc160515-zabouan2

同じく座望庵からの朝の眺め。
今朝はさわやかなそよ風とやますももの甘い香りに誘われてついついお散歩してしまいました。

dc160515-shinobu2

やますももの白いお花と偲ぶの池。
来週末に迫ったやますもも祭りwith山菜フェスタはぜひお泊まりでお楽しみくださいね。
お部屋まだご用意出来ます。

dc160515-maime2

今朝のまいめの池。
残雪の乗鞍岳から吹いてくるひんやりとしたさわやかな空気、
届くでしょうか~?

dc160515-konashi

つぼみの時は紅色が強く、開くと白いお花が美しい、コナシ(ズミ)もつぼみの用意をしていてビックリ!
アカゲラが矢のように目の前を飛び、聞こえてくるのはモズにアマツバメ、、ウグイス、アオジ、ジュウイチのさえずり。

dc160515-murasakiyashio

一ノ瀬園地入口にはムラサキヤシオがもう咲いています!

さすがに6月の花、レンゲツツジは咲いていないよね!?
とツツジ園に走ると、まだちゃんと(!?)つぼみです。

dc160514-tutuji.JPG

鈴蘭橋からの乗鞍岳。

dc160515-suzuranbashi.JPG

牛留池ではピークは過ぎていますがショウジョウバカマと一緒に水芭蕉がまだ咲いていてくれました。

dc160515-ushidome2.JPG

牛留池ではミゾサザイ、アオジ、ウグイス、ヒガラがさえずっています。

cd160515-mitugashiwa.JPG

牛留池・一ノ瀬どじょう池では水辺に咲く星型のかわいいお花、ミツガシワが咲き始めています。

dc160513-コシアブラ.jpg

山菜採りにも行かなきゃ。
コシアブラを採りました。

dc160515-天ぷら昨晩はディナーの際に一口揚げたて天ぷらサービス。
ヤマウド、ふきのとう、コシアブラが登場。採れた日だけでゴメンナサイ。

新緑とお花と山菜、そして露天の天然温泉が一年で一番気持ちいい季節がやってきました。
のりくら高原の今の空気を、景色を、お料理をぜひ味わいにお越し下さい!
*当館お隣観光センター発着の乗鞍岳春山バス、7:30便が始まりました。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263‐93‐2951

 

 

お花トレッキングMt.norikura新緑水芭蕉一ノ瀬園地

こどもと森へ。女小屋の森へ。

昨日のこと。
水芭蕉がピークを迎えているであろう一ノ瀬園地奥の女小屋の森へおチビと出掛けてきました。
お店を閉めてから急ぎ足で女小屋の森に向かいます。
dc160505-ichinose.JPG

まだ芽を出し始めたばかりの白樺の若緑とヤマザクラがきれい。

dc160505-shirakaba

白樺の葉っぱ。
しっとりとして柔らか。
陽を透かして

dc160505-shirakaba3

輝いています。

dc160505-mif (2)

行きはよいよい♪

dc160505-ryukinka

獣の時間(夕方は普段は森に入りません。)が近づいていてちょっと焦りながら。
このリュウキンカの小川に寄り道。

dc160505-megoyairiguchi

森の入口。きれいな水芭蕉さんが迎えてくれます。

dc160505-megoya

やはり見頃!!
女小屋の森は花盛りの水芭蕉たちであふれています!

dc160505-nirinsou

ニリンソウもたくさん!

dc160505-megoya4

あっちもこっちもきれい。
甘い香りが漂います。

dc160505-megoya2

こんな苔生す古木とマットのように茂る山野草たち。

dc160505-megoya6

夕日に照らされた水芭蕉。

 

dc160505-megoya5

ここは私の大好きな場所。
野鳥の声が響き、せせらぎの音に包まれて立ち止まってしまう場所。
水芭蕉たちが住む世界にお邪魔させてもらっているのを感じるのです。

さあ、駆け足の帰り道。
帰りはおチビを背負ってゼーハ―。
夕方の仕込みに間に合うのか!?

dc160504-alum

今、アルムの周りはお花であふれていますよ!
やますももの甘い香り、庭のソメイヨシノ、芝桜、レンギョウに雪柳。
季節が進むのが早すぎて、今年は追いつけない!

お花イベントトレッキング貸切露天風呂天然温泉水芭蕉一ノ瀬園地乗鞍岳春山バス

水芭蕉の名所、一ノ瀬園地のいま。

今日は女将さん&若旦那さんたちと水芭蕉の名所である一ノ瀬園地の案内看板を取り付けに行って来ました。
一ノ瀬キャンプ場からさらに奥の森、女小屋(めごや)の森では小さなフレッシュな水芭蕉たちが次々と目を覚まし始めていました。聞こえてくるのはせせらぎの音とエゾムシクイのさえずり。

dc160425-yamaengosaku

『春の妖精』や、『春のはかなきもの(スプリングエフェメラル)』と呼ばれる山野草の一種、ヤマエンゴサクやニリンソウも咲き始めています。
女小屋の森からさらに奥のオソメジッケはその名の通りジッケ(湿地)です。長靴が必要です。

dc160425-megoya2

木道から土道に変わり、丸木橋を渡ってオソメジッケへ向かうと、
ショウジョウバカマや黄色く輝くリュウキンカが咲いています。
オソメジッケではアオジがゆったりとさえずってくれました。

dc160425-syoujyou

オソメジッケから出てくると大草原が広がっています!

dc160425-osomesougen

そしてここはオソメ池。

dc160425-osomeike

昔の名残の有刺鉄線や伸びてしまった木々を払ってくれてあり、
以前よりこの美しい池のほとりに近付けるようになっていました。
黙々と整備を続けて下さっている地元の先輩方、すごい。

dc160425-kanban

こんな看板を付けてあります。女小屋の森までならスニーカーなどでも行けます。
オソメジッケに行かれる場合は長靴が必要です。

dc160425-zabouan

こちらは座望庵駐車場の向かいにある群生地。
まだまだほんとうに小さいです。
これからどんどん咲いてくるでしょう。

dc160425-shinobumukai

偲ぶの池の道路を挟んで対岸の群生地。
狭い場所ですが乗鞍岳と水芭蕉を一緒に撮影できるスポット。
まだまだ咲き始め。
これから期待できそうです。

dc160425-obento

そして今日のご褒美❤
乗鞍うまいもの工房のお弁当です。
は~幸せ♪
愛情たっぷり、ボリュームたっぷり。
がんばって良かったなぁ!

桜前線は今、乗鞍高原の1300mあたりまで上がってきています。
当館の向かいの公園は今、コブシが満開ですよ。

ゴールデンウィーク、ぜひ水芭蕉たちに会いにお越し下さい。
水芭蕉ガイドツアーあり、
乗鞍岳春山バスも運行中、
お食事には春の山菜が❤
体の芯まで温まる温泉も待っています。

ご予約お待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263‐93‐2951

お花イベントUncategorized一ノ瀬園地乗鞍岳春山バス

水芭蕉の季節、はじまります。

乗鞍高原の春の妖精たちが少しずつ目を覚まし始めています。
一枚目の写真は2014年5月6日一ノ瀬園地の様子。
水芭蕉の開花ピークにはかわいい白いずきんの水芭蕉たちが身を寄せ合っておしゃべりしているような
こんな光景を見ることができます。

dc160410-mizubasyo

そして昨日の宮の原水芭蕉群生地の様子です。
ここは標高1200m。開花状況はまだ1割に満たない程度ですがきれいな小ぶりの水芭蕉を見つけました。
昨年より1週間ほど早い開花です。
乗鞍高原ではこの宮の原群生地と一ノ瀬園地一番奥のオソメジッケだけは早くから開花します。
4月6日の一ノ瀬園地奥のオソメジッケの様子を先日乗鞍の女将さんがレポートして下さっています。

dc150410-mizubasyo4

ほんとうにまだちいちゃい赤ちゃんがいっぱい。
これからはあまり冷え込まずに少しずつ大きくなってくれることを願います。

dc150410-mizubasyo2

ちいちゃくても凛と立つ姿に、今年も春がちゃんとやってきたなぁ。
と感じました。
聞こえてくるのはこぽこぽ流れるせせらぎと野鳥の声。
そういえば昨日はイカルのさえずりが聞こえました。

dc160410-mizubasyo2

これから次々と目を覚ます水芭蕉の姫たち❤

dc150410-mizubasyo5

宮の原水芭蕉群生地より少し下の地区にも水芭蕉が咲きます。
静かなせせらぎに寄りそうように咲く姿が楽しみです。

昨年好評だった1日2回開催される水芭蕉ツアー、今年もやります。
期間 平成28年4月29日(金)~5月8日(日) 毎日
時間 午前10:00~12:00  午後13:00~15:00
参加人数 1名〜20名
集合時間 開催前30分前
集合場所 のりくら高原観光案内所前
参加費  1000円(保険料含む)
ご予約は乗鞍高原観光案内所まで☎0263-93-2147

*乗鞍岳春山シャトルバスは4月23日運行開始予定。詳しくはこちら
上高地公園線開通は4月15日、上高地開山祭は4月27日です。

アルムは4月16日から春の営業が始まります!
ご宿泊・ランチのご予約は随時受付中。
ゴールデンウィークのご宿泊予約も頂き始めていますよ。
この春の皆様のお越しを心よりお待ちしております!

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263‐93‐2951

とうじそばテレマークスキー雪景色貸切露天風呂Mt.norikura冬の過ごし方天然温泉家族

春特プラン(とうじ蕎麦de和食)できました。

暖かい日が続くな、と思えばまた冷え込み、気付けば三月になりました。
先日お散歩をしていたら、寒さ、暖かさを繰り返して出来た自然の造形を見つけました。
せせらぎにできたつらら。下に垂れ下がって水面で凍り、今度は根本の方が融けてしまったのでしょう。
まるで下からにょきにょきと生えているかのような不思議な光景です。
3月1日の昨日はゲレンデにパウダーが積もり、久々のパウダーライドを楽しめたようですよ!!

dc160122-soba

アルムでは、ひな祭りの3月3日から4月25日までの期間限定で

『春特プラン』(とうじ蕎麦de和食)をご用意しました。平日も土日も対象になります。(4月4日~15日は除外日)
・大人お一人税込10,000円!(1部屋大人2名様ご利用時のお値段。入湯税、暖房費、消費税込)
・徒歩2分の湯けむり館割引券(大人720円→620円、お子様300円→250円、2才以下無料)も差し上げます。
・1名様ご利用時は+2000円
・朝食は洋食となります。
・アルムホームページをご覧頂き、直接予約(メールでもお電話でも)頂いた方限定です。

dc151221-roten (2)

芽吹きの5月が来るまでの静かなシーズン、
部屋毎に貸切になるすずらん温泉はこの時期ゆったりと長~く、何度でもお使い頂けます。

お夕食には乗鞍高原の伝統食、とうじ蕎麦を中心とした和食でご用意いたします。
♦『とうじ蕎麦』とは…
乗鞍高原に昔から伝わる温かいお蕎麦のこと。
蕎麦を手籠(てかけ)に取って長ネギやカブ、油揚げや鳥鴨肉が入ったちょっと甘めの煮汁に
投じて(とうじて)蕎麦を温め、頂きます。
乗鞍ではその昔、家を建てる時に隣近所の人が集まって基礎を作り、大工さんを呼んで協力して家を建てたそうです。
人が集まる時にはこのとうじ蕎麦がよく食べられていたそうですよ。
当館の貸切湯、すずらん温泉と、湯けむり館の硫黄泉、2種類の温泉に浸かり、
広大なそば畑が広がっていたという乗鞍高原の昔に思いをはせながら、
どうぞゆっくりとお過ごし下さいね。
耳を澄ませば…野鳥の声がきっと耳に入ります。

dc160301-enaga

窓の外はにぎやか。
エナガが群れでやって来たり、

dc160301-shijyukara

シジュウカラが餌をくわえてピョン!と飛び降りたり、

dc160302-mahiwa

マヒワが30羽も40羽も群れで現れるかもしれません。
時には…

dc160301-saru

野生のサルが目の前に!! なんていうこともあります。
自然がいっぱいで素晴らしいことですが、このサルだけは…
自家野菜を育てている畑に悪さをしに来るのです。
春からの畑のこともちょっと気がかりです。

もちろん通常の1泊2食付プラン10800円(ディナーは洋食コース料理)もご予約受付中です。

Mt.乗鞍は3月もまだまだ滑れますよ!!
アルムに泊まればリフト券も超お得!春特プランと併せてご利用頂けます。→コチラから
さらに平日は毎日誰かがお得。→コチラから
例えば今日、水曜日は誰でも割でリフト券が半額なんです。
連休初日19日はお陰さまで満室ですが、それ以外はまだまだご予約受付中!
皆様のお越しを心よりお待ちしております!
乗鞍高原でのんびりゆったり春休みにお越し下さいね~!!

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951
ご予約メール:alumnorikura@gmail.com