登山雪壁雪景色貸切露天風呂Mt.norikura天然温泉山菜乗鞍岳春山バス

乗鞍岳春山バス、23日スタート!!

今日は嬉しいニュースが入りました!
乗鞍岳春山バスの運行開始日が予定通り4月23日に決定致しました。
パワフルな乗鞍の女将さんたち、早速本日の視察を兼ねた試運転の様子を届けて下さいました!

のりくら女将ブログ 臨場感ある動画を見ているだけでワクワクしてしまいます。

のりくら天空ファンクラブfacebook

桜前線は今、松本市街地から島々谷、トンネルを越えて乗鞍高原1000mあたりまで上ってきています。
あたたかいことろではもう葉桜も終わり、初夏のような気温になるこの季節、
乗鞍高原ではなんと天然雪を見ることができるのです!
見るだけでなく、ひんやりとした雪の壁に手で触れたり、
雪と山岳風景を見ながらお散歩まで出来ちゃうのです。
地元の私たちも、もう嬉しくてたまりません。
ここからは今シーズンの写真ではないですが、こんな季節が始まるよ~!
とちょっとご紹介。

一枚目は雪壁と穂高連峰。(SpringBankマスター撮影)
位ヶ原山荘から除雪がさらに先へ進み、大雪渓肩ノ小屋口までバスが入る5月下旬になると、
大雪渓肩ノ小屋口から5分ほど下った4号カーブでこんな絶景ポイントがあります。
今年は積雪が例年の6~7割と言われているので雪壁はもうちょっと低いかもしれません。

dc110525-SByukikabe1

こちらは2011年5月25日。同じくSpringBankマスター撮影。
バックカントリースキーに行った際にこんな雪壁に出会いました。
(*除雪作業中の看板より先は現在は通行止めで立ち入ることができなくなりました。)

dc120524-jyosetu

2012年5月24日。
大雪渓肩ノ小屋口付近から。
この除雪風景は何度見ても迫力があります。

dc110518-mayu

2011年5月18日。
バックカントリースキーに行って来ました。
楽しかったなぁ!

dc110518-mayuhotaka

同日、3026m乗鞍岳剣ヶ峰まで登り、

dc110518-乗鞍岳onigiri

食べたおにぎりは最高でした…。
昔を振り返ってばかりではいけませんね。
また登りたいな!

アルムではおにぎり付(+520円)プランもご用意しています。
早朝ご出発の方は朝食をお弁当に変更も出来ます。
ご予約時またはご宿泊当日19時までにお申し付け下さいね!
標高1200mでは水芭蕉も見ごろを迎えています。
上高地への入山もはじまりました。
おにぎり持って、大自然の中でのびのびと春を感じにお越しください!!

≪ゴールデンウィーク空室情報≫
5月1日以外まだお部屋ご用意出来ます。
5月3日は残り2部屋です。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

dc160516-fukinotou

ふきのとうを摘んで…

dc160518-fukimiso

毎年恒例のふき味噌もちゃんと仕込みました。
お夕食時、お弁当に登場予定です♪

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263‐93‐2951

トレッキング雪景色Mt.norikura冬の過ごし方一ノ瀬園地

白銀の季節がやってきた!

今日はとってもいいお天気!
久々に一ノ瀬園地の様子を見に行って来ました。
先日ようやく降った初雪は、一体どんな景色を見せてくれるんだろう、
と期待を込めて。

dc151130-usagi

さっそくウサギの足跡が出迎えてくれました。
向かったのはまいめの池。

dc151130-maime

乗鞍岳を映す水面がもう凍り始めていました!

dc151130-usagi (2)

氷の上にもウサギたちの足跡がたくさんあって驚きました。
夏は乗鞍岳でハイマツの実を食べているホシガラスの声も、
すぐ近くで響いています。

dc151130-shinobu

一段下の偲ぶの池。
キラキラ輝く氷の島と水芭蕉の芽。
どうか寒く厳しい冬を乗り切ってね。

dc151130-dojyoikeこちらはドジョウ池。
整備が進んで、乗鞍岳が良く見えるようになりました。
まるで景色が変わったかのようです。
翌春が楽しみですね。

後ろを振り返ると…

dc151130-dojyo

こんな景色!
風が少々強く、外でコーヒータイムをするにはちょっと寒いですが、
静かな、素敵な景色がいっぱい。

dc151130-mizunara

ミズナラの木も真っ白な雪の上にのびのびと陰を落としています。

 

dc151130-ichinose

観光センターから一ノ瀬へのスーパー林道、座望庵からどじょう池方面への様子です。
一ノ瀬へのこの道路は冬季除雪が入りません。
ご注意ください。

dc151130-ichinose (2)

観光センターから一ノ瀬へのスーパー林道。日陰はご覧のとおり、凍結が始まっています。
のりくら高原内の道路は現在凍結はしていませんが、
冬タイヤのご用意をお願致します。

年末年始、ウィンターシーズンのご予約も頂き始めています。
≪アルムに泊まればリフト券がお得に!!≫
・大人1日券4100円→2500円に! 2日目2800円
・シニア(55歳以上)1日券3100円→2000円に! 2日目2300円
・小人(小・中学生)1日券2000円→1500円に! 2日目1600円
リフト特別割引券は当日8時より当館フロントにてお渡しできます。
チケットセンターにて1日券と引き換えてご利用下さい。
どのチケットが何枚必要か3日前までにお申し付け下さい。
*ただし、除外日12月26日~1月3日は除外日。
★Mt.乗鞍は未就学児無料!!
スキ-子供の日★1月17日★2月14日★3月13日は小学生リフト無料!
楽しいイベントがあります。
平日はもっとお得に!
月曜日:レディース割 1日券が半額以下!
火曜日:長野県民割 1日券が半額以下!
水曜日:誰でも割 1日券が半額以下!
木曜日:シニア割 1日券が半額以下!
金曜日:遠くでも割 長野県民以外1日券が半額以下!
プレオープン12月5日~18日&サンクスウィーク3月28日~4月3日は1日券が半額以下!
*空室状況によって前泊が可能な日もございます。お問い合わせください。
平日+3240円
休前日・土曜+4320円
朝食+1080円

 

乗鞍高原で冬の休日をお過ごしください!
お待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951

 

 

トレッキング登山紅葉乗鞍岳ご来光

≪乗鞍岳ご来光特集≫ご来光バスは9月いっぱいです!

ず~っと雨だった乗鞍高原ですが、明日からの天気予報が晴れ続き!
ご来光バスは今月いっぱいです。9月後半になると路面が凍結することもあり、9月30日まで運行するかどうかは天候次第なのです。そうなるとチャンスはあと何回あるのか…
ということで、今日は乗鞍岳ご来光特集をお送りします。

dc130921-ご来光2

乗鞍観光センター(アルムから歩いて1分)を4:10に発車し、

dc130921-月光鶴ヶ池

1時間弱で長野県と岐阜県の県境に到着。県境は普段バス停はないのですが、
ご来光の時間帯だけバス停が出現します。
ここで下車し、バスを降りて左手の富士見岳または右手、大黒岳に登ります。
どちらもピークまで15分ですが、大黒岳の方がピークが広く、風避けになる避難小屋もあるので、
私は毎回大黒岳に登ります。
こんな風に鶴ヶ池に月光が写り込む朝もありました。
当たり前かもしれませんが、一度として同じ光景に出会うことが無いのが、
ご来光の魅力の一つです。

dc100806-daikoku

バスに乗っている間、下車して登っている間の夜明け前の空の色。
藍色というのか、蒼色というのか…
この色を見るために登っている気もします。

dc100806-misaki2

山頂はまるで雲海に浮かぶ岬。

dc100806-unkai3

流れ落ちる滝のような雲。

dc100717-sunrise

そして太陽が顔を出す瞬間。
眩しくて力強い太陽の光。

dc130921-ご来光23

雲が淡いブルーからオレンジに染められていきます。

dc100806-daybreak

雲が燃えるような朝も。
一日として同じ景色はない。
行った人にしか見られない絶景が待っています。
でも相手は大自然。標高は2700m。バスを降りたらガスの中、ということももちろんあります。
天気予報は良くも悪くもあてにあらないし、『明日は絶対見られる』、『明日は絶対見られない』と言えない難しさがあります。
でもそれもご来光の魅力の一つだと私は思います。

dc130921-ご来光14

ドラマチックな朝をカメラに収める人も。
熱いコーヒーを飲みながら見つめる人も。

dc100806-unkai

朝日に染められてゆく雲の海。
このモコモコの雲の上を歩けそうな気さえしてきます。
ご来光を見に上がって、雲海も見られると大満足ですね!

dc100806-raicyo1

雷鳥がヒナを呼ぶ声を聞いた朝。

dc130921-ご来光バス

いかがでしたか?
乗鞍岳のご来光の魅力、伝わったでしょうか。
冬の空気を先取りで体験できます。
明日12日もまだお部屋ご用意出来ます。
この秋、ジャケット、ニット帽、手袋をお持ちになって、ぜひ早朝の大冒険にお越し下さい。

dc100806-Raicyo-hina

さあ、乗鞍高原にいそげ、いそげー!!!

テレマークスキーMt.norikura冬の過ごし方

黄金の季節から白銀の季節へ*

今朝の乗鞍岳。もうすっかり雪化粧です。
dc141104-kara3

11月4日。まるで暖かい毛布に包まれているかのようなカラマツのお山。

dc141102-shirakaba

冷たい雨が降って美しい葉っぱたちは日に日に落ちて

dc141102-tugumi

シベリアから冬を越すために渡ってきたツグミたちがやってきて

dc141105-shimo

毎朝霜が降り、霜柱が立つようになりました。

dc141119-mifmayu

真っ白な雪を踏むとどうしてもワクワクしてしまいます♪
今週末11月22日はいい夫婦の日♪
お部屋にまだまだ余裕がありますので、貸切露天風呂も何度でもゆっくりお使いいただけそうですよ♪
デザートにサービスでメッセージもお入れしますのでどうぞお申し付け下さいね。
(写真はSサイズのタルトですが、こんな感じでメッセージをお入れします)

dc110823-岡部様

年末年始やウィンターシーズンのお問い合わせも増えて参りました。
アルムにお泊まりのお客様にはMt.乗鞍のリフト1日券4100円が何と2500円に!!
(12月27日から1月4日までは割引除外日です。)
冬のご予約もお待ちしております!
来い来いパウダースノー!!!!
12月20日、21日、27日、28日にはテレマークスキーのシーズンインキャンプも予定されていますので、
ぜひぜひ初滑り&足慣らしにお越し下さい。
講師は例年通り、TAJ公認テレマークスキ-指導員の野村輝公先生です♪
このシーズンインキャンプにご参加の方は特別に1泊2食付8500円(暖房費1部屋500円、入湯税150円別途かかります)でお部屋をご用意していますので、ご予約の際にお申し付け下さいね。
それでは、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

dc140121-SBmayumi3

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951

お花テレマークスキートレッキング雪壁乗鞍岳春山バス

『春山ランチ』はじまります♪

dc140426-miyanohara

写真は4月26日の乗鞍高原 宮の原水芭蕉群生地。
ウグイスとヤマガラのさえずりが聞こえてきました。
乗鞍に遅い春がようやく到来、ぽかぽか暖かい1日となりました。

dc140427-春山ランチ

このゴールデンウィークから『春山ランチ』はじまります♪
4月26日からスタートしている乗鞍岳春山バス
この乗鞍岳春山バスが運行している6月30日までの期間限定で春山ランチ(1200円)をご用意しました。
・乗鞍で採れたふきのとうのガレット(信州産そば粉使用)、
・本日のケーキ(日替わり)、
・コーヒー

乗鞍岳の雪壁と水芭蕉に会いに来て下さい。
そして乗鞍の春を閉じ込めたランチをぜひお召し上がり下さいね♪
ランチ営業は11時より14時まで。
皆様のお越しを心よりお待ちしております♪
(火曜・水曜定休です。今週は30日(水)お休みを頂きます。)

乗鞍高原プチホテルアルムTEL:0263-93-2951