冬の足下
アルプスの日常, イベント, シーズンインキャンプ, テレマークスキー, , Mt.norikura, 冬の過ごし方, 天然温泉

テレマークシーズンインキャンプ、今週末です♪

今朝の気温は-10℃!
急にグググッと冷え込み、うっすらと雪が積もりました。
Mt.乗鞍スノーリゾートのオープンも今週末に迫っています。

さて、アルムでは、「テレマークシーズンインキャンプ」を今年も開催します!

シーズンインキャンプ

ゲレンデオープンと共に、シーズンイン!しませんか?
いきなり真っ白な雪の上に立つのは、毎年ドキドキします。
シーズン一番はじめから、TAJ公認野村輝公先生と一緒に基礎から確認してスタートすれば、
今シーズン、いいスタートを切れること間違いなし!

シーズンインキャンプ

TAJ公認 野村輝公先生

こちらが講師の野村輝公先生、てる先生です!
優しいです。シーズン始めから厳しい先生だと、ちょっとドキドキちしちゃいますが、
安心してください。てる先生はとっても優しく、丁寧に教えてくれます。
今シーズンはレベルアップしたい!という方に特におすすめですよ!

テレマークスキーレッスン

テレマークスキーレッスン

≪レッスンスケジュール≫
1日目  10:40 やまぼうしレストハウス前に集合
10:45~12:15まで、基本レッスン  基本動作で、内足の圧が逃げない滑り方をマスター
14:30~16:00まで午後レッスン

1日目夜は、
レッスンビデオを見ながら、復習と明日の為の予習をします。

2日目
発展レッスン
基本からの発展、内足(後足)の軸を外さずに体重移動、足裏の感じ方をじっくりやります。
時間があれば、応用として、ターンの質も上げていきます。

シーズンインキャンプ

講習料金は、2日間で10,000円(1名料金 宿泊費別)対象レベルは初級者~ 受付数10名
レッスンのお申し込みはこちらからどうぞ。

ご宿泊はプチホテルアルムです。
ご宿泊料金は、大人1名様2食付8500円(2名様1部屋ご利用時、お一人様+1000円)
今年もシーズンインキャンプの皆様に特別料金でご宿泊頂けます。

Mt.乗鞍スノーリゾート割引リフト券をご用意致します。
大人1日券          4100円→2600円
シニア(55歳以上)・高校生1日券3100円→2100円
小人(小中学生)1日券         2000円→1600円
★ご予約3日前までに必要なリフト券の枚数をお申し付け下さい。

それでは、ゲレンデで、プチホテルアルムで、
皆様にお会いできるのを楽しみにおまちしております!


こどもと森へ, トレッキング, 紅葉, 自然観察, 写真撮影, 天然温泉, 温泉

心まで秋色に染まるさんぽ道

昨晩からの雨がまだ止まないうちに、
カッパを着てさんぽに出た今朝のこと。

dc181027-sanpo4

歩き始めてすぐにちょうど日が射してきて辺りがキラキラ輝き出しました。

dc181027-momiji4

頭の上が明るいなぁ、と見上げると
無数のカエデの葉が眩しいほど輝きを放っていて息を飲みました。

dc181027-chidori3 (2)

紅葉の波は乗鞍高原を段々に下りてきて、
番所大滝の向かいにあるちどり池を、こんな風に秋色に染めていました。

dc181027-chidori3

秋は魔法がかかったような世界が広がります。

dc181027-chidori4 (2)

目の前の紅葉、そして水面に映った紅葉。
美しさが2倍になって目の前に迫ります。

dc181027-sanpo5

森の中はしっとりとしていい香り。
こぽこぽこぽ、と足元で伏流水の音が響きます。

dc181027-sanpo6

おちびとちびちびは色んな色の葉っぱや木の枝に夢中。

dc181027-sanpo2

ああ、きれい。眺めては、進み。

dc181027-sanpo8

また立ち止まり。

dc181027-haru2.JPG

帰り道は腕の中。
いいおさんぽでした。
こどもと森へ。
楽しかったなぁ。

dc181026-alumroten9.JPG

そしていま、アルムの貸切露天風呂はもみじ風呂。
ゆらりときらめくもみじを掬いたくなること間違いありません。

11月10日は残り1部屋となっております。
これ以外はまだお部屋ご用意出来ます。
ご予約はこちらから。

こどもと森へ, トレッキング, 自然観察, 写真撮影, 家族, 家族のストーリー, 森林浴, 一ノ瀬園地

夏の終わりに夏の思い出

33回目の乗鞍マウンテンサイクリング大会が終わり、夏があっという間に過ぎ去っていきました。
季節はすっかり秋になった乗鞍高原です。
夏の終わりに、楽しかった夏の思い出を。

7月の終わりのこと。
けんちゃんの大学の時の先輩がご家族を連れて遊びに来て下さいました。
上高地をゆっくり散策した後お泊まり頂き、翌日は乗鞍のおススメスポットを一緒に歩きました。

まず始めに向かったのは「まいめの池」。
アルムから車で5分、そこから歩いて5分と、晴れていると乗鞍岳が写り込みとても美しく、
手軽に行くことができる絶景ポイントです。

dc180727-maime

まだ夏本番!という時期でしたが、真っ赤っかなショウジョウトンボを始め、たくさんのトンボに囲まれました。柔らかなそよ風が吹いていて、乗鞍高原から乗鞍岳エコーライン、剣ヶ峰までを眺めることができました。

dc180727-zengoro8

そして夏の乗鞍と言えば滝!
この緑のトンネルも一緒に歩きたかったのです。

dc180727-牧野様

簡単に行けるまいめの池に比べ、木の根っ子や、でこぼこ土の道を登る善五郎の滝への道。
そんな道を進めば進むほど、体の中に眠っていた野生の力が湧いてくるかのようにずんずん
ペースが上がるH君。
木漏れ日が落ちる緑のトンネルの中を、パパを追いかけ駈け上がっていきます。
段々と水の流れる音が近づいて来て…

dc180727-zengoro

展望台からのこの景色!
善五郎の滝と乗鞍岳を見た後、さらに階段を下り・・・・

dc180727-zengoro4

水しぶきを浴びられる滝つぼまで下りました。

dc180727-mif&ho-cyan

ひゃー冷たい!涼しい!!
天然のシャワーを全身に浴びて万歳~!!な2人。

dc180727-zengoro6.JPG

滝しぶきをコロンと乗せた足元の葉っぱも輝いています。

dc180727-牧野papa&ho-cyan2

そしてこの後、H君、びっくりする行動に!
なんとこの冷たい川のお水で顔を洗ったのです!
全身でこの大自然を味わっている姿に私が感動してしまいました。
ベンチに座っておやつを分けてもらったり、バッタを捕まえて
その表情をつぶさに観察したり。

dc180727-zengoro2

この青い青い古い滝壺に揺れる岩魚を数えたり。

dc180727-ho-cyan

クマよけの金棒を森いっぱいに響かせる背中も頼もしい。

dc180727-mizunara

見上げれば木漏れ日のシャワー。
この緑が黄色に変わる季節はもうすぐそこ。

dc180727-mifsasabune2.JPG

最後に一ノ瀬園地で川遊びをして帰って来ました。
自然の中で過ごす時間ってやっぱりすてきだな。
私だけじゃなく、大人だけじゃなく、子供たちも、
たくさん新しい元気やエネルギーをもらえるな、と再確認。
そして、大学の時の繋がりがあって、今こうして会いに来て下さる方がいることが嬉しいなぁ!
また一緒に歩きたいな、と思ったのでした。

乗鞍高原には天然のリフレッシュスポットがたくさんあります。
ありがたいことに滝は春も夏も秋も冬も、いつでもあります。
夏休み、まだこれからの方、
残暑で疲れてしまった方、
ぜひ乗鞍高原にリフレッシュにお越し下さい!

10月の連休は残り少なくなって来ました。
ご予約はこちらから。

 

 

 

 

お花, こどもと森へ, アルプスの日常, トレッキング, 自然観察, 写真撮影, 水芭蕉

標高1200mの水芭蕉見ごろを迎えています!

春の妖精、目を覚ます!

標高1200m乗鞍高原宮の原水芭蕉群生地の今日の様子です。 特に長く厳しい寒さの冬を乗り越え、今年も美しい姿を現してくれました。 #beautifulnorikura #dailylifeinnorikura #dailylifeinalps #水芭蕉 #乗鞍高原 #アルプスの日常 #乗鞍の日常

dc180418-mizubasyomiya9

こどもと森へ, 紅葉, 自然観察, 自家野菜, 記念日, 黄葉, 写真撮影, 森林浴

『今、ここで、この瞬間だけの色』

朝ごとに窓の外が明るくなってゆく乗鞍高原。
紅葉の波に乗鞍高原全体が包み込まれています。
『今、この場所で、この瞬間だけの色』にあふれています。
夕方のまいめの池へ。


あと少しで陽が落ちてしまいそうな時間帯。

まわりの木々のが一段と輝きを増します。

刻一刻と変わってゆく命の色。

乗鞍岳の稜線に太陽が入る瞬間を見届けて。

毎日どこを切り取っても美しいなぁ!

アルムの桂も今とてもきれい。

時間帯によって色が変わるので目が離せません。

桂の木は、一体何色の色を生み出すのでしょう。

デッキは今、桂の甘い香りに包まれています。

アルムからぐるりと一周するいつものおさんぽ道は今、特別美しい!

ひとりじゃもったいない。

ちびちびも一緒に。

そよぐ秋風が心地いい。

白樺の葉が風に乗ってひらひらと舞う姿に、しばし見とれる。

途中には黄金に輝く桂。

お気に入りのベンチ、今日は初めて先客が。

カラマツのお山も日に日に黄金に近づいてゆきます。

アルム2Fのロビーにある日だまりソファ。
もうここで寝落ちてしまいたい…

201からの景色。
窓を開けると桂の甘い香りが。

デザートに紅玉のタルトが登場する季節になりました。

昨春に菌打ちした原木なめこがたくさん採れたので、
自家菜園の青ダイコンとおろし和えにしてお夕食の一皿に。

明日の朝は、一体どんな景色が待っているのだろう!