お花, トレッキング, 自然観察, 雪壁, 雪景色, 高山植物, Mt.norikura, 写真撮影, 乗鞍岳ご来光

ご来光バス、いよいよ明日から始まります。

7月初めから運行している乗鞍岳シャトルバス、
いよいよ明日15日から9月18日まで運行が始まります。
(日付が変わってしまいました!本日から、運行開始です。)
日本一標高の高いバス停、その名も『標高2716m』へ、たったの50分!
ご来光バス発着所は当館お隣の乗鞍観光センター。
発車時刻は太陽に合わせて変動しますのでご注意くださいね。
明日から7月23日までは3:30発車。
7月24日から8月いっぱい3:40発車。(8/27はマウンテンサイクリングのため運休)
9月1日から18日までは4:10発車。

dc100717-sunrise.JPG

星空の下、バスに乗り込み、
1日として同じ景色はないご来光を見に行きませんか?

ご来光を見に行く、
と言っても、色んな魅力があります。
夜が開ける前の紺碧の空。

dc090817-夜明け前.JPG

大黒岳登山道から。

dc150630-ご来光7.JPG

段々白んでゆく空が突然魔法がかかったかのような色に染まります。

dc100806-daybreak.JPG

雲が燃える朝も。
太陽が上ってゆくスピードが思っているよりも早くて驚きます。
こんなに特別な朝。
特別な今日が用意されていることに改めて感動してしまいます。

20100210 045.jpg

波が押し寄せてくるかのような山並みや

dc100717-sea.JPG

ふわっふわの雲海。

dc100806-unkai.JPG

その上を歩けそうな分厚い雲海。

dc100717-turu

空を濃く映す鶴ヶ池や

dc100806-raicyo1

ヒナを呼ぶ雷鳥が目の前に現れるかもしれません。

20100806 497.JPG

すてきでしょう!?

ご来光をご覧になる時間帯はとっても寒い日がほとんどです。
風があると体感気温はマイナスになることも。
雨風通さないアウター上下はもちろん、ニット帽、手袋、ネックウォーマー(タオルなどでも)をお持ち下さい。ダウンもあると安心です。
乗り物酔いしやすい方は酔い止めをお持ち下さい。
水筒をお持ちいただければ、熱いお茶かお湯をお詰めしています。

7月13日のフレッシュ情報をSpring Bank さんから頂きました。

dc170713-畳平Natue.jpg

残雪が多い今年は畳平お花畑に入ることが出来ませんでしたが、11日から除雪されて入ることができるようになりました。こんな雪壁が!!
ハクサンイチゲやクロユリの開花が始まりました。

dc170713-標高2716mNatsue2.jpg

そしてこれがこの夏新しく誕生した日本一高いバス停、『標高2716m』です!
私のこの夏の目標はこのバス停で写真を撮ること。

今週末、まだお部屋ご用意できます。
皆様のお越しをお待ちしております!!

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951

広告
イベント, ランチ, 雪だるま, 雪景色, , 貸切露天風呂, Mt.norikura, 冬の過ごし方, 天然温泉, 家族, 家族のストーリー

アルムを訪れる家族のストーリー

1月の連休最終日から、待ちわびていた雪がたっぷりと積もり、
それから毎日雪、雪、雪。
連日の除雪作業でアルムの父ちゃんより先にブルドーザーが根を上げてしまったようです。
でもお陰さまでゲレンデコンディションは最高!
皆様、ぜひ今週末滑りにお越し下さい!!
アルムも大きなつららがぶら下がり、すっかり冬の姿に。

この年末年始には7,8年ぶりにお越し下さったご家族がいらっしゃいました。
それまではお二人で、ご家族と、お友達ご家族と、ととにかく毎年お越し頂いていたのですが、
めでたく赤ちゃんが誕生し…
その赤ちゃんがすっかり大きくなって、久々にお越し下さいました!

dc170101-%e9%bb%92%e5%b7%9d%e6%a7%98%e3%81%a8

アルム家族とこの冬手伝ってくれたゆかちゃんと、
みんなでパチリ!嬉しい、嬉しい再会の年末年始だったのでした。
またお会いできるのが楽しみです♪

そして連休には、これまた嬉しい再会が。
ご家族でお店に、ご宿泊に、とこちらも何度もお越し下さっているお客様。

dc170109-%e8%8f%8a%e4%ba%95%e6%a7%98%e5%92%b2%e5%b8%8c%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a8

お譲様がまだ小学校低学年位の頃…
ご宿泊して下さった時に、『お姉さんへ』 とお手紙をくれたのです。
一文字一文字大切に、丁寧に書かれた文字と、とってもかわいく描かれた私であろうお姉さん。
もう嬉しくって嬉しくってこの時頂いたお手紙を今も大事にしまってあるのです。
お越し頂く度に背も伸びて、どんどんお姉さんになってゆく姿に、毎回あっと驚かされます。
いつもありがとうございます。次回もお会いできるのが楽しみです。

dc170109-yukacyan

そして、この冬アルムを手伝いに駆け付けてくれたゆかちゃん。
おチビの相手をしながらお部屋掃除や食器の片付けをこなしてくれました。
どこへいくにもゆかちゃんのおしりを追いかける金魚のフン状態のおチビ。
威勢が良く、明るく楽しいスキーヤーゆかちゃん、ありがとう。また待ってます。

ゲレンデはしばらく毎日パウダーが続きました。
降り続いた雪にしっかりと圧雪が入り、今朝もコンディションは最高。

dc170109-kensb2

Spring Bankのマスターが撮影してくれました!
私も思いっきりパウダーに突っ込みたいなぁ! ガマン、ガマン。

dc170109-kensb

リトル・ピークスさんの氷爆の善五郎の滝へスノーシューツアーにお出掛けになったお客様も大興奮で戻って来られます。
やはり冬は雪と遊ぶのが一番楽しいですね。

≪アルム冬の空室情報≫
1月28日 お陰さまで満室です。
2月11日 残り洋室3部屋

これ以外はまだまだお部屋に余裕がございます。
この冬まだ雪と戯れていないよ!という方、
お友達やご家族を誘ってぜひ乗鞍に遊びにお越し下さい。
1月29日には『雪だるまつり』があります。
広~い雪原で雪だるま作りたい放題!

リフト券もお得、お泊まりのお客様は1日券が4100円→2500円になります。
学生のみなさん、2月1日からは 学生平日割 始まります!
2・3月の平日は大学・短大・専門学校生は1日券なんと2000円。
(※免許証等の身分証が必要となりますので、お持ちください)
また 19歳、20歳の方はもっとお得!!
19歳の方はリフト券無料
20歳の方はリフト券が最大半額 になります。

こんなに安くていいのかMt.乗鞍…

思い切り遊んだ後はあたたかい温泉とお料理が待っています。
皆様のお越しを、心よりお待ちしております!

 

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951

 

イベント, シーズンインキャンプ, テレマークスキー, 雪景色, 貸切露天風呂, Mt.norikura, 冬の過ごし方, 天然温泉

テレマークスキーシーズンインキャンプのお知らせ*

dc140121-SBmayumi3.jpg

あちこちで雪の知らせを耳にするようになってきましたね。
Mt.乗鞍スノーリゾートは12月10日OPENです!!
プレオープン期間12月10日~16日まではリフト1日2000円。

今年のテレマークスキーシーズンインキャンプの日程が決定しました。
12月17日・18日の2日、
講師は“てる先生”こと、TAJ公認野村輝公先生
とってもやさしく丁寧に教えてくれますよ!

dc131221-輝レッスン3.JPG

レッスンでは、一人で滑っているだけではつかめないポイントや感覚をじっくり確認していきます。
ビデオ撮影もあり、レッスン中に撮影したビデオを夕食の後にCheck!!
ビデオで自分の滑りを見て確認する機会は普段なかなかないものですよね。
しかもシーズンの最初に自分の課題を抑えておける、というのがこのキャンプの大きな強み。
2日間レッスン+ビデオミーティングまで含まれた内容の濃~いキャンプです。
てる先生はシーズン中にツアーも予定されています。
これを目標にレッスンに通う方も多いのです。

dc100118-剣見上げる.jpg

まだ道具がない、という方にはレンタルもありますよ!
まずはレンタル、ちょっと慣れてからお好みの板を購入する、という手もあります。

dc130322-tele2.JPG

*ご宿泊料金は特別価格、2食付で8,500円。(暖房費一部屋500円、入湯税150円別途)
レッスン料はみっちり2日間で10,000円とかなりお得です。

テレマーク3.jpg

さらに、今年もやりますテレマーク体験試乗会!!
今シーズンは1月14日・15日
14日午前の部、午後の部、15日午前の部の3コマ開催。
1コマ1000円でブーツ、テレマークスキー板、ストックが借りられ、
しかも‘テレのり’というテレマークスキーと乗鞍を愛するスタッフがほぼマンツーマンで
サポートしてくれるのです。

アルムでは例年同様、 ご宿泊者限定、Mt.乗鞍リフト券割引をご用意致します。
Mt.乗鞍リフト1日券 大人4100円→2500円
シニア・高校生3100円→2000円(シニアは55歳以上)
お子様2000円→1500円(お子様は中学生以下)
*除外日12月29日~1月3日

シーズンインはぜひMt.乗鞍スノーリゾートへ!
いい雪に恵まれたシーズンになることを願って皆様のお越しを心よりお待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム TEL:0263-93-2951

*最初の写真はSpringBankのマスターが撮影してくれました。
最後に楽しみなシーズンを思い出しつつ…

dc100319-謙朝イチパウ.jpg

標高2000mから滑り降りることができるカモシカコース。
パウダーの朝、ローカルはまずここをねらいます。

dc100319-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a9

まだ誰も入っていないバーンを見つけ、二ヤリ♪の瞬間。
あ~、OPENが待ちきれない!
今年はぜひ、Mt.乗鞍のドライパウダーを味わいに来て下さい、ね!!

 

トレッキング, 登山, , 記念日, Mt.norikura, 家族, 家族のストーリー

アルムと家族のストーリー ~世代を越えて~

お陰さまで39周年を迎えたアルム。
この夏は嬉しいことが続いています。
当館にお越し頂いているお客様方の、
『ご家族のストーリー』をたくさん見せて頂いています。
まずはこちらのご家族から。

dc169728-murakamisama2

昨年の冬、お兄さん(左)にご友人とお泊まり頂きました。
そしてこの夏、ご両親をお連れ下さり、再びアルムに帰ってきて下さいました。
子供の頃、ご家族で何度も何度も乗鞍にお越し頂いていたそうです。
実はお父様はご体調を崩されていたそうです。
息子さんが『この夏、乗鞍岳に登ろう!』とお父様と約束し、
お父様は昔何度もご家族で訪れた乗鞍岳登山を目標にリハビリとしてウォーキングを続け、
見事3026m、乗鞍岳剣ヶ峰にご登頂されました。
この日の乗鞍岳からの眺めは…もう最高でした!!
ご到着時から、ご出発の時まで終始絶えなかったご家族の笑顔が印象的です。

dc160722-norikura

次のストーリーは長~い常連様のお話。

dc160809-nishizawasama2

もう30年以上前から毎年、(年に2回の年も)アルムにお越し頂いています。
初めはお二人で。
お子様がどんどん増え、かわいいお姉さんたちが今はもうすっかり大人になり、
真ん中のお姉さんはご結婚され、ご主人と一緒にアルムに帰ってきて下さいました。
12年前、「カレシはねぇ…う~ん、おとーさんみたいなひとがいいな。」
と言っていた通り、どことなくお父様に似た雰囲気のご主人と。

dc160807-nishizawayuriecyan

ささやかですが、乗鞍ブルーベリーと庭のフサスグリのタルトでお祝いさせて頂きました。
おめでとうございます。末永くお幸せに!

この夏は、他にも、赤ちゃんの頃からご両親と何度もご宿泊頂いていて、
その赤ちゃんだった方がすっかりお兄さんになって彼女さんと一緒に乗鞍に帰ってきてくれました。
アルムのアルバムに当時の写真が残っていて、懐かしそうにご覧になっていました。

世代を越えて当館にお越し頂けること、感謝でいっぱいです。

次は、ご家族ではなく、会社の旅行でお越し下さっている方々のお話。
全国各地にある支社から社員の皆様が集まり当館で合流、ディナーの後は親睦会。
始めはスキー・スノーボードの冬合宿だったのですが、いつの間にか夏もお越し頂き、
夏も冬もお越し頂くようになりました。

dc160806-kusumotosama2

毎回お誕生日の方が居て、ケーキのご注文を頂きます。
乗鞍高原のフレッシュブルーベリータルトをご用意しました。

dc160806-kusumotosama

サプライズで用意されたケーキにキャンドルを灯し、
バースディソングを全員で歌うのを見ていると、会社、というよりも、
大きな家族なんだなぁ、と思うのです。

dc160808-soba

白い蕎麦の花揺れる乗鞍高原の夏。
暑さを楽しめるのはあと数日です。
お盆を過ぎた瞬間、秋の空気に変わる乗鞍。
15日以降まだお部屋ご用意出来ます。
夏の疲れを癒しにぜひ乗鞍高原へお越し下さいね。

イベント, Mt.norikura, 写真撮影, 星空, 一ノ瀬園地

すごいぞ乗鞍高原の星空。

先日7月9日に開催された乗鞍高原スターライトツアー
ご宿泊頂いたお客様と一緒に私も参加させて頂きました。
当日は雨。
かなりの降りで夕方になり小雨にはなりましたが、
もしかして中止かな、という天気でした。
お夕食が終わりに近づき、もう一度空を見上げると暗くなった曇り空に星が一つ。
20時のツアー開始予定時間を少し過ぎて会場の一ノ瀬に向かいました。
車のドアを開けて見上げる空にはたくさんの星が!!
思わず「わぁ!」と歓声を上げてしまいました。
星の海の中を人工衛星が定規で測ったようにまっすぐ飛んでいるのが目に入りました。

dc160709-amanogawa

せっかく一眼レフを持っているのになかなか踏み切れなかった星空撮影。
素人の私もスタッフの方に教えて頂いて撮ることができました!
三脚にセットしたカメラのシャッターを切って待つこと30秒。
自分では何度やっても真っ暗だった画面になんと無数の星が写り込んでいるではありませんか!!
もう嬉しくてたまりません。
カメラの説明書やネットで星空撮影方法を調べたりしたことはありましたがなかなかその通りに出来たことがありませんでした。

乗鞍高原スターライトツアーでは一人一人に撮影サポートスタッフの方が付い下さり、手取り足取り丁寧に教えてくれます。

自分のいつものカメラで、です。

dc160709-daisankaku

乗鞍岳に沈んでゆく月と暗くなってさらに濃く浮かび上がる天の川。
久々に星空をゆっくりと堪能できました。

子供の頃、天の川と夏の大三角形を観察しよう、という夏休みの宿題がありました。
頭上にいつも見える薄い雲の筋みたいなものはなんだろう、
と思っていましたが、それが天の川だと知った時には驚きました。

流れ星を見てみたい!という子供の私に父が、
「そんなもの段ボール広げて庭先で寝転んでみろ、すぐ見られるぞ」
と言われ、半信半疑で寝転がり、
数分ですぐに1つ目の流れ星を見られたことも忘れられません。

夏の期間は毎年アルバイトのお兄さんお姉さんに手伝ってもらって夏の繁忙期を乗り越えます。
アルムの庭で、「今夜は星がきれいだなぁ」と思った日には、
一緒に一ノ瀬まで星を見に行きます。
寒くないように羽織るものを持って、寝っ転がれるように段ボールなどを持って。
そうすると必ず誰かが『あっ!!』と流れ星を見つけ、
全員が同じ数だけ見られるまで帰れなくなるのです。

乗鞍では月が無く、雲が無ければ、かなり頻繁に天の川を見ることができます。
カメラをもう持っていて撮影できる方はいつでもどうぞ撮影にお越し下さい!

次回の乗鞍高原スターライトツアーは9月24日、10月1日です。
とってもおススメです。
秋の空は夏より濃いそうですよ。
楽しみです!

ご宿泊予約の際に、『スターライトツアー参加希望』とお伝えくださいね!
お早目のご予約、お待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951