イベント, シーズンインキャンプ, テレマークスキー, 雪景色, 貸切露天風呂, Mt.norikura, 冬の過ごし方, 天然温泉

テレマークスキーシーズンインキャンプのお知らせ*

dc140121-SBmayumi3.jpg

あちこちで雪の知らせを耳にするようになってきましたね。
Mt.乗鞍スノーリゾートは12月10日OPENです!!
プレオープン期間12月10日~16日まではリフト1日2000円。

今年のテレマークスキーシーズンインキャンプの日程が決定しました。
12月17日・18日の2日、
講師は“てる先生”こと、TAJ公認野村輝公先生
とってもやさしく丁寧に教えてくれますよ!

dc131221-輝レッスン3.JPG

レッスンでは、一人で滑っているだけではつかめないポイントや感覚をじっくり確認していきます。
ビデオ撮影もあり、レッスン中に撮影したビデオを夕食の後にCheck!!
ビデオで自分の滑りを見て確認する機会は普段なかなかないものですよね。
しかもシーズンの最初に自分の課題を抑えておける、というのがこのキャンプの大きな強み。
2日間レッスン+ビデオミーティングまで含まれた内容の濃~いキャンプです。
てる先生はシーズン中にツアーも予定されています。
これを目標にレッスンに通う方も多いのです。

dc100118-剣見上げる.jpg

まだ道具がない、という方にはレンタルもありますよ!
まずはレンタル、ちょっと慣れてからお好みの板を購入する、という手もあります。

dc130322-tele2.JPG

*ご宿泊料金は特別価格、2食付で8,500円。(暖房費一部屋500円、入湯税150円別途)
レッスン料はみっちり2日間で10,000円とかなりお得です。

テレマーク3.jpg

さらに、今年もやりますテレマーク体験試乗会!!
今シーズンは1月14日・15日
14日午前の部、午後の部、15日午前の部の3コマ開催。
1コマ1000円でブーツ、テレマークスキー板、ストックが借りられ、
しかも‘テレのり’というテレマークスキーと乗鞍を愛するスタッフがほぼマンツーマンで
サポートしてくれるのです。

アルムでは例年同様、 ご宿泊者限定、Mt.乗鞍リフト券割引をご用意致します。
Mt.乗鞍リフト1日券 大人4100円→2500円
シニア・高校生3100円→2000円(シニアは55歳以上)
お子様2000円→1500円(お子様は中学生以下)
*除外日12月29日~1月3日

シーズンインはぜひMt.乗鞍スノーリゾートへ!
いい雪に恵まれたシーズンになることを願って皆様のお越しを心よりお待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム TEL:0263-93-2951

*最初の写真はSpringBankのマスターが撮影してくれました。
最後に楽しみなシーズンを思い出しつつ…

dc100319-謙朝イチパウ.jpg

標高2000mから滑り降りることができるカモシカコース。
パウダーの朝、ローカルはまずここをねらいます。

dc100319-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a9

まだ誰も入っていないバーンを見つけ、二ヤリ♪の瞬間。
あ~、OPENが待ちきれない!
今年はぜひ、Mt.乗鞍のドライパウダーを味わいに来て下さい、ね!!

 

広告
トレッキング, ランチ, 野鳥, 自然観察, 自家野菜, 自家製スイーツ, 雪景色, , 貸切露天風呂, 黄葉, 冬の過ごし方, 天然温泉, 家族, 新そば, 星空, 一ノ瀬園地

白銀の乗鞍岳

11月1日 乗鞍岳初冠雪。
そして今朝の乗鞍岳。
青い空と真っ白な乗鞍岳があまりにもきれいで驚きの声を上げた今朝。
雪のかぶり具合で山が青と白のグラデーションに見えるのもこの時期の美しさ。

dc161104-norikura

すぐ隣のカラマツのお山は、黄金に輝いています。

dc161104-karamatsu

先日、お散歩で番所大滝のすぐそばにあるちどり池にお散歩に出掛けました。

dc161130-chidori

落ち葉かさこそ散歩道♪

dc161030-chidori

しばらくするともともといた小鳥たちの群れが帰って来たようで
たくさんのさえずりに囲まれました。

dc161030-chidoriike

水面に落ちた葉まで輝いて見えました。

晩秋・初冬、この二つの季節を行ったり来たり。
いつどんなシーンに出会えるか分かりません。
お散歩にはカメラが欠かせませんね。

さてアルムでは昨年と同様、
『ご宿泊者限定、Mt.乗鞍リフト券割引』をこの冬もご用意致します。
Mt.乗鞍リフト1日券
大人4100円→2500円
シニア・高校生3100円→2000円(シニアは55歳以上)
お子様2000円→1500円(お子様は中学生以下)
*除外日12月29日~1月3日
尚、Mt.乗鞍単独シーズン券は11月30日までのお申し込みがお得です。
Mt.乗鞍のHP

アルムでは年末年始のご予約も承っております。
寒くなり、温泉が心地良い季節がやって来ました。
ウィンターシーズンが始まるまでの静かなのりくら高原で
散策、新そばを味わい、ゆっくりまったりされるのもおススメです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951

 

オオカエデ, 紅葉, 自然観察, 黄葉, 写真撮影, 一ノ瀬園地

深まってゆくオオカエデの紅。

今日は昼から冷たい雨が降っています。
朝6時の気温は-2℃。
明日の朝は乗鞍岳が白くなっているのでは…。
昨日の午後のオオカエデです。

dc161024-ookaede-2

眩しいほどの紅色。

dc161024-ookaede-3

奥から。

dc161024-ookaede-7

見上げて。

dc161024-ookaede-9

ただただ見とれてしまいます。

dc161023-ookaede

青空じゃないと…という声も聞こえてきますが、
23日の曇り空のオオカエデもとても美しかったです。
今日の雨でオオカエデはどうなったのか気になります。
この後はカラマツの黄葉で乗鞍高原の紅葉はフィナーレを迎えます。

 

 

 

トレッキング, 紅葉, 自然観察, , 写真撮影, 森林浴

苔の世界へ。

昨日は待ちに待った『苔の勉強会』が乗鞍高原自然保護センターで開催されました。乗鞍の自然保護センターは、マツボックリを使った工作体験会やツキノワグマの生態についての講習会、野鳥の講習会などとにかく興味深い講習会をたくさん開催してくれるのです。最近では子供でも楽しめる展示やクイズラリーなど、ファミリーのお客様にもとても好評です。

dc161024-koke5

講師は広島大学理学研究科准教授の嶋村正樹先生と、大学院生の井上侑哉先生。
今まで受けたことのない内容の濃いかなりマニアックな講義。

dc161024-koke7

苔たちの生き抜いてゆくための作戦について学ぶ貴重な時間。
テーブルには写真のゼニゴケ(手前が雄株、奥が雌株)やハマキゴケ、ハイゴケやムチゴケが配られ、実際にルーペで観察したり、顕微鏡の画像を見たりしました。

dc161024-koke2.JPG

その後牛留池から原生林の森を歩き、

dc161024-koke6

実際の苔たちの姿を観察する時間。

dc150629-koke-3

良く見かけるこんな苔や

dc161024-koke-2

ふわふわしたこんな苔。

dc150611-%e5%8e%9f%e7%94%9f%e6%9e%97koke2

これは苔に見えますが、実はシダの仲間なのです。
名前もヒメコケシノブとコケが付きますがシダの仲間。

dc150611-%e5%8e%9f%e7%94%9f%e6%9e%97koke3

気になるコケたちが今まで以上に個性的に見えてきます。
なんだか見分けられるような気になってくるのですが…

dc150629-koke (4).JPG

なかなか難しい…

dc100927-donguri

日常をすっかり忘れ、
小さくて美しく、不思議な苔の世界にどっぷりと浸る一日でした。

dc150415-koke.JPG

苔をみっちり学ぶ苔合宿がしたい今日この頃です。

オオカエデ, ランチ, 紅葉, 写真撮影, 新そば, 一ノ瀬園地

22日から新そばです!

昨日より、新そばになりました~!!

dc161023-shinsoba2

畑の青だいこんのおろしとネギも。
畑の野菜のお漬物も一緒にどうぞ。

dc161023-shinsoba3

昨日22日のオオカエデです。

dc161022-ookaede

日に日に深まってゆく秋の景色。

dc161022-ookaede-2

日に日に深まってゆく紅色。

dc161022-ookaede-3

今年も命を燃やすような紅色を見せてくれて、
ほんとうにありがとう。