こどもと森へ, トレッキング, 自然観察, 写真撮影, 家族, 家族のストーリー, 森林浴, 一ノ瀬園地

夏の終わりに夏の思い出

33回目の乗鞍マウンテンサイクリング大会が終わり、夏があっという間に過ぎ去っていきました。
季節はすっかり秋になった乗鞍高原です。
夏の終わりに、楽しかった夏の思い出を。

7月の終わりのこと。
けんちゃんの大学の時の先輩がご家族を連れて遊びに来て下さいました。
上高地をゆっくり散策した後お泊まり頂き、翌日は乗鞍のおススメスポットを一緒に歩きました。

まず始めに向かったのは「まいめの池」。
アルムから車で5分、そこから歩いて5分と、晴れていると乗鞍岳が写り込みとても美しく、
手軽に行くことができる絶景ポイントです。

dc180727-maime

まだ夏本番!という時期でしたが、真っ赤っかなショウジョウトンボを始め、たくさんのトンボに囲まれました。柔らかなそよ風が吹いていて、乗鞍高原から乗鞍岳エコーライン、剣ヶ峰までを眺めることができました。

dc180727-zengoro8

そして夏の乗鞍と言えば滝!
この緑のトンネルも一緒に歩きたかったのです。

dc180727-牧野様

簡単に行けるまいめの池に比べ、木の根っ子や、でこぼこ土の道を登る善五郎の滝への道。
そんな道を進めば進むほど、体の中に眠っていた野生の力が湧いてくるかのようにずんずん
ペースが上がるH君。
木漏れ日が落ちる緑のトンネルの中を、パパを追いかけ駈け上がっていきます。
段々と水の流れる音が近づいて来て…

dc180727-zengoro

展望台からのこの景色!
善五郎の滝と乗鞍岳を見た後、さらに階段を下り・・・・

dc180727-zengoro4

水しぶきを浴びられる滝つぼまで下りました。

dc180727-mif&ho-cyan

ひゃー冷たい!涼しい!!
天然のシャワーを全身に浴びて万歳~!!な2人。

dc180727-zengoro6.JPG

滝しぶきをコロンと乗せた足元の葉っぱも輝いています。

dc180727-牧野papa&ho-cyan2

そしてこの後、H君、びっくりする行動に!
なんとこの冷たい川のお水で顔を洗ったのです!
全身でこの大自然を味わっている姿に私が感動してしまいました。
ベンチに座っておやつを分けてもらったり、バッタを捕まえて
その表情をつぶさに観察したり。

dc180727-zengoro2

この青い青い古い滝壺に揺れる岩魚を数えたり。

dc180727-ho-cyan

クマよけの金棒を森いっぱいに響かせる背中も頼もしい。

dc180727-mizunara

見上げれば木漏れ日のシャワー。
この緑が黄色に変わる季節はもうすぐそこ。

dc180727-mifsasabune2.JPG

最後に一ノ瀬園地で川遊びをして帰って来ました。
自然の中で過ごす時間ってやっぱりすてきだな。
私だけじゃなく、大人だけじゃなく、子供たちも、
たくさん新しい元気やエネルギーをもらえるな、と再確認。
そして、大学の時の繋がりがあって、今こうして会いに来て下さる方がいることが嬉しいなぁ!
また一緒に歩きたいな、と思ったのでした。

乗鞍高原には天然のリフレッシュスポットがたくさんあります。
ありがたいことに滝は春も夏も秋も冬も、いつでもあります。
夏休み、まだこれからの方、
残暑で疲れてしまった方、
ぜひ乗鞍高原にリフレッシュにお越し下さい!

10月の連休は残り少なくなって来ました。
ご予約はこちらから。

 

 

 

 

イベント, シーズンインキャンプ, テレマークスキー, 雪景色, 貸切露天風呂, Mt.norikura, 冬の過ごし方, 天然温泉

テレマークスキーシーズンインキャンプのお知らせ*

dc140121-SBmayumi3.jpg

あちこちで雪の知らせを耳にするようになってきましたね。
Mt.乗鞍スノーリゾートは12月10日OPENです!!
プレオープン期間12月10日~16日まではリフト1日2000円。

今年のテレマークスキーシーズンインキャンプの日程が決定しました。
12月17日・18日の2日、
講師は“てる先生”こと、TAJ公認野村輝公先生
とってもやさしく丁寧に教えてくれますよ!

dc131221-輝レッスン3.JPG

レッスンでは、一人で滑っているだけではつかめないポイントや感覚をじっくり確認していきます。
ビデオ撮影もあり、レッスン中に撮影したビデオを夕食の後にCheck!!
ビデオで自分の滑りを見て確認する機会は普段なかなかないものですよね。
しかもシーズンの最初に自分の課題を抑えておける、というのがこのキャンプの大きな強み。
2日間レッスン+ビデオミーティングまで含まれた内容の濃~いキャンプです。
てる先生はシーズン中にツアーも予定されています。
これを目標にレッスンに通う方も多いのです。

dc100118-剣見上げる.jpg

まだ道具がない、という方にはレンタルもありますよ!
まずはレンタル、ちょっと慣れてからお好みの板を購入する、という手もあります。

dc130322-tele2.JPG

*ご宿泊料金は特別価格、2食付で8,500円。(暖房費一部屋500円、入湯税150円別途)
レッスン料はみっちり2日間で10,000円とかなりお得です。

テレマーク3.jpg

さらに、今年もやりますテレマーク体験試乗会!!
今シーズンは1月14日・15日
14日午前の部、午後の部、15日午前の部の3コマ開催。
1コマ1000円でブーツ、テレマークスキー板、ストックが借りられ、
しかも‘テレのり’というテレマークスキーと乗鞍を愛するスタッフがほぼマンツーマンで
サポートしてくれるのです。

アルムでは例年同様、 ご宿泊者限定、Mt.乗鞍リフト券割引をご用意致します。
Mt.乗鞍リフト1日券 大人4100円→2500円
シニア・高校生3100円→2000円(シニアは55歳以上)
お子様2000円→1500円(お子様は中学生以下)
*除外日12月29日~1月3日

シーズンインはぜひMt.乗鞍スノーリゾートへ!
いい雪に恵まれたシーズンになることを願って皆様のお越しを心よりお待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム TEL:0263-93-2951

*最初の写真はSpringBankのマスターが撮影してくれました。
最後に楽しみなシーズンを思い出しつつ…

dc100319-謙朝イチパウ.jpg

標高2000mから滑り降りることができるカモシカコース。
パウダーの朝、ローカルはまずここをねらいます。

dc100319-%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a9

まだ誰も入っていないバーンを見つけ、二ヤリ♪の瞬間。
あ~、OPENが待ちきれない!
今年はぜひ、Mt.乗鞍のドライパウダーを味わいに来て下さい、ね!!

 

イベント, ヨガ・リトリート, ランチ, 畑日記, 自家野菜, 自家製スイーツ, Mt.norikura

畑の様子、いちご採れてます!

dc160617-shijimicyo4

天空マラソンが終わり、畑に行ってみると、
よく熟したいちごがたくさん!!
あわてて摘み取ります。
かわいいヒメシジミが採れたていちごから離れなくて
じっくり写真を撮らせてもらいました。
農薬は使っていないので味見しながらの収穫です♪

dc160617-ichigo

まだ雨粒が残っていました。

dc160617-batta

いちご畑ではヒメシジミだけでなくバッタもなにやら相談中。

dc160617-kyabetu

種から育てて苗にしたキャベツは、防虫シートでカバー。
農薬を使わない代わりに蝶が卵を産まないための対策。
時々朝晩は10℃以下になるため、保温も兼ねているようです。

dc160617-beets

昨年大成功だったビ―ツ、
今年も育てています。

dc160617-tomato

トマトに…♪

dc160617-zukki

ズッキーニ。

dc160617-kyuri.JPG

こちらは乗鞍の宝、番所きゅうりの赤ちゃんたちです。
支柱を立てて育てていますが、もし弱かったり枯れてしまった場合の苗だそうです。
ばあちゃんの知恵はすごい…
*うちのばあちゃんは番所きゅうりの支柱を立てることを‘手をくれる’つまり‘手をあげる’と言います。
まるで子供を育てるように野菜を育ててくれます。

dc160617-sumomo

やますももはいつの間にか実を結んでいました。
なんだか夏を感じました。

もちろん乗鞍の名物、花豆も育てていますよ!!

そうそう、
採れたいちごたちは『畑いちごのタルト』や『畑いちごのロール』、または朝食の時に
『自家製いちごのジャム』になって登場しますよ~♪

dc160618-hatakeichigotart.jpg

ケーキはディナーのデザートだけでなく、11時~14時まで営業のランチタイムでもお召し上がり頂けます。
(火曜・水曜はお休みです)

この野菜たちは夏から秋のお食事に登場する予定です。
お楽しみに!!
ご宿泊のご予約はこちらからどうぞ。
皆様のお越しを心よりお待ちしております!
乗鞍高原プチホテルアルム
tel:0263-93-2951

お花, イベント, トレッキング, レンゲツツジ、新緑, 野鳥, 雪景色, , 貸切露天風呂, Mt.norikura, 天然温泉, 山菜, 新緑, 水芭蕉, 一ノ瀬園地, 乗鞍岳春山バス

乗鞍のニリンソウ、新緑と花の季節到来!

ニリンソウといえば上高地、いえいえ。
すぐお隣の『のりくら高原』にもこんなステキなニリンソウの群生地があります。
例年より早く見ごろを迎えています。

dc160510-nirinso7

小道の両脇が可憐なニリンソウで埋めつくされていて、

dc160510-nirinso6

ここを歩くだけで幸せな気分になれる場所。
アカゲラやアオゲラの木をたたく『コロロロ…♪』
オオルリにコルリ、キビタキ、メボソムシクイにエゾムシクイ、ヤブサメ、
今シーズン初めて聞けたルリビタキ。

dc160515-nirinso3

日が差し込むとお花が開いてさらにフォトジェニックな世界に。

dc160514-zabouan6

一ノ瀬園地座望庵からの夕景もステキです。
新緑が西日を透かして輝いていました。

dc160515-zabouan2

同じく座望庵からの朝の眺め。
今朝はさわやかなそよ風とやますももの甘い香りに誘われてついついお散歩してしまいました。

dc160515-shinobu2

やますももの白いお花と偲ぶの池。
来週末に迫ったやますもも祭りwith山菜フェスタはぜひお泊まりでお楽しみくださいね。
お部屋まだご用意出来ます。

dc160515-maime2

今朝のまいめの池。
残雪の乗鞍岳から吹いてくるひんやりとしたさわやかな空気、
届くでしょうか~?

dc160515-konashi

つぼみの時は紅色が強く、開くと白いお花が美しい、コナシ(ズミ)もつぼみの用意をしていてビックリ!
アカゲラが矢のように目の前を飛び、聞こえてくるのはモズにアマツバメ、、ウグイス、アオジ、ジュウイチのさえずり。

dc160515-murasakiyashio

一ノ瀬園地入口にはムラサキヤシオがもう咲いています!

さすがに6月の花、レンゲツツジは咲いていないよね!?
とツツジ園に走ると、まだちゃんと(!?)つぼみです。

dc160514-tutuji.JPG

鈴蘭橋からの乗鞍岳。

dc160515-suzuranbashi.JPG

牛留池ではピークは過ぎていますがショウジョウバカマと一緒に水芭蕉がまだ咲いていてくれました。

dc160515-ushidome2.JPG

牛留池ではミゾサザイ、アオジ、ウグイス、ヒガラがさえずっています。

cd160515-mitugashiwa.JPG

牛留池・一ノ瀬どじょう池では水辺に咲く星型のかわいいお花、ミツガシワが咲き始めています。

dc160513-コシアブラ.jpg

山菜採りにも行かなきゃ。
コシアブラを採りました。

dc160515-天ぷら昨晩はディナーの際に一口揚げたて天ぷらサービス。
ヤマウド、ふきのとう、コシアブラが登場。採れた日だけでゴメンナサイ。

新緑とお花と山菜、そして露天の天然温泉が一年で一番気持ちいい季節がやってきました。
のりくら高原の今の空気を、景色を、お料理をぜひ味わいにお越し下さい!
*当館お隣観光センター発着の乗鞍岳春山バス、7:30便が始まりました。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263‐93‐2951