お花イベントトレッキング貸切露天風呂天然温泉水芭蕉一ノ瀬園地乗鞍岳春山バス

水芭蕉の名所、一ノ瀬園地のいま。

今日は女将さん&若旦那さんたちと水芭蕉の名所である一ノ瀬園地の案内看板を取り付けに行って来ました。
一ノ瀬キャンプ場からさらに奥の森、女小屋(めごや)の森では小さなフレッシュな水芭蕉たちが次々と目を覚まし始めていました。聞こえてくるのはせせらぎの音とエゾムシクイのさえずり。

dc160425-yamaengosaku

『春の妖精』や、『春のはかなきもの(スプリングエフェメラル)』と呼ばれる山野草の一種、ヤマエンゴサクやニリンソウも咲き始めています。
女小屋の森からさらに奥のオソメジッケはその名の通りジッケ(湿地)です。長靴が必要です。

dc160425-megoya2

木道から土道に変わり、丸木橋を渡ってオソメジッケへ向かうと、
ショウジョウバカマや黄色く輝くリュウキンカが咲いています。
オソメジッケではアオジがゆったりとさえずってくれました。

dc160425-syoujyou

オソメジッケから出てくると大草原が広がっています!

dc160425-osomesougen

そしてここはオソメ池。

dc160425-osomeike

昔の名残の有刺鉄線や伸びてしまった木々を払ってくれてあり、
以前よりこの美しい池のほとりに近付けるようになっていました。
黙々と整備を続けて下さっている地元の先輩方、すごい。

dc160425-kanban

こんな看板を付けてあります。女小屋の森までならスニーカーなどでも行けます。
オソメジッケに行かれる場合は長靴が必要です。

dc160425-zabouan

こちらは座望庵駐車場の向かいにある群生地。
まだまだほんとうに小さいです。
これからどんどん咲いてくるでしょう。

dc160425-shinobumukai

偲ぶの池の道路を挟んで対岸の群生地。
狭い場所ですが乗鞍岳と水芭蕉を一緒に撮影できるスポット。
まだまだ咲き始め。
これから期待できそうです。

dc160425-obento

そして今日のご褒美❤
乗鞍うまいもの工房のお弁当です。
は~幸せ♪
愛情たっぷり、ボリュームたっぷり。
がんばって良かったなぁ!

桜前線は今、乗鞍高原の1300mあたりまで上がってきています。
当館の向かいの公園は今、コブシが満開ですよ。

ゴールデンウィーク、ぜひ水芭蕉たちに会いにお越し下さい。
水芭蕉ガイドツアーあり、
乗鞍岳春山バスも運行中、
お食事には春の山菜が❤
体の芯まで温まる温泉も待っています。

ご予約お待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263‐93‐2951

お花テレマークスキートレッキングランチ雪壁雪景色Mt.norikura天然温泉山菜一ノ瀬園地乗鞍岳春山バス

朝のおさんぽ、春うらら♪

23日の朝のこと。
ぽかぽか陽気に誘われて一ノ瀬園地へ。
偲ぶの池ではご夫婦が絵を描いていらっしゃってなんとも素敵な光景でした。

dc160423-MAIME

もう一段上のまいめの池。
この景色を眺めながらおやつとお茶タイム。
いつまでもぼ~っとしていたい…。
贅沢な朝のお散歩です。
遠くでオオルリの澄んださえずりが聞こえます。

dc160423-mizubasyozaboan2

座望庵向かいの水芭蕉たち。
まだまだ小さくて、ゴールデンウィークにちょうど見ごろになってくれるのでは、と期待しています。

dc160423-mizubasyo2

あっちのせせらぎに。こっちのせせらぎに。
ひっそりと咲いている姿を見つけると嬉しくなります。

dc160423-DOJYO2

どじょう池の水芭蕉もまだまだ赤ちゃん。
これからあまり冷え込まずにすくすく育ってほしいものです。

dc160423-DOJYO

整備が少しずつ進み、ドジョウ池の周りを歩けるようになりました。
いつもと違う角度からの景色も素敵です。

dc160423-karamatsu5

ちょっっぴり芽吹き始めたカラマツ。
緑の小さなブラシがいっぱい!

dc160423-karamatsu

いたいた、会えた♪
今年も会えてうれしいカラマツのお花。
まつぼっくりの赤ちゃんたち。
不思議なことに黄緑色のパイナップルと…

dc160423-karamatsu3

こんな赤色のパイナップルの2種類があるようです。
受粉してマツボックリの形になるころには両方緑で見分けがつかなくなるのですが…
何が違うのでしょう。

dc160422-sakura

桜前線、いよいよのりくら高原にも上がってきました!
標高1200~1300mでほころび始めていますよ。

ゴールデンウィークは5月1日以外、まだお部屋ご用意出来ます。
本日より春山シャトルバスも運行開始、本格的な春山シーズンに突入です!
雪景色の春山バスだけじゃもったいない。
乗鞍観光センターからお車で5分の一ノ瀬園地へもぜひ足を伸ばして下さいね。

のりくら高原で、桜&水芭蕉&春山の雪景色を味わいにお越し下さい。
お待ちしております。

のりくら高原プチホテルアルム
tel:0263-93‐2951

 

イベントオオカエデヨガ・リトリート紅葉一ノ瀬園地

乗鞍岳に*初雪*が舞い降りました!

dc151009-ookaede(4)

昨晩は強風で寒い、寒い夜でした。
今朝オオカエデにおはようを言いに行って納得。
乗鞍岳に初雪が舞い降りていました!

昨日の夕方もオオカエデの様子を見に行ったのですが、
風に乗ってたくさんの赤い葉が舞っていました。

dc151008-kaede

毎年毎年きれいな赤を生み出してくれるこのオオカエデの木。

すごいなぁ。

dc151008-ookaede

鈴蘭小屋前のバス停のカエデも真っ赤になりました。

dc151008-suzuran

そしてアルムのカツラは真っ黄色に染まっています。

dc151009-Alum

乗鞍高原全体が秋色に染まって、カメラを持ってのんびりおさんぽすると、
あちこちで素敵なシーンを目にすることができます。

先日、上高地に出掛けました。
目的はこの大正池に浮かぶこと!

dc151007-taisyoike2

大正池ホテルでボートを借りて

dc151007-hotaka

大正池にぷかぷか浮かびながら穂高連峰を見上げます。

dc151007-yake

焼岳もきれい!

dc151007-taisyoike (2)

とにかく水が澄んでいて、岸から眺める大正池よりもその素晴らしさを実感することができました。
30分1000円、岸を歩くだけなら乗ってみた方がイイ!とってもおススメです。

明日からの3連休のご予定はお決まりでしょうか?
乗鞍高原に泊まって乗鞍高原・上高地・白骨温泉を一気に楽しむこともできますよ!
お部屋もまだご用意出来ます。
乗鞍高原で皆様のお越しを心よりお待ちしております!
早朝はダウンジャケットがあってもいいほど冷え込みます。

朝晩は0℃以下になる日も。
晴れている日中は16℃くらいまで気温が上がります。
温かいご支度をお持ち下さいね!

そして10月31日・11月1日のヨガ・リトリートのお申込みも始まっています。
お申込みはこちらからどうぞ!

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951

トレッキング登山紅葉Mt.norikura乗鞍岳ご来光

9月28日乗鞍岳紅葉情報

今年の乗鞍岳の紅葉は久々に早く訪れています。
明日29日、30日と残り2日間ですが、ご来光と紅葉が一度に楽しめる数少ない年。
昨日は朝から14時過ぎまでガスに包まれていた乗鞍岳。
今朝のご来光は強風でしたが素晴らしかったそうです!
今日の乗鞍岳の様子をご紹介します。

三本滝上がもう色付き始めていました。

dc150928-三本滝上

摩利支天バス停下。

dc150928-摩利支天下

摩利支天バス停上。

dc150928-摩利支天上

アレタ沢付近。赤が見事です。

dc150928-荒れた沢

冷泉小屋下。

dc150928-冷泉下

位ヶ原山荘から屋根板を見上げる。
今まさにピークを迎えています。

dc150928-位から屋根板

位ヶ原山荘の上から見下ろした景色。

dc150928-位ヶ原

11号カーブ下。

dc150928-11号下

7号カーブ下。

dc150928-7号下 (2)

雪壁で有名な4号カーブ下の沢。
ナナカマドの帯がきれい!

dc150928-4号下

岐阜県との県境付近から富士見の沢、位ヶ原山荘を望む。

dc150928-位見下ろす

紅葉の海と向こうに槍穂高。

dc150928-槍穂

昨日よりまた一歩色付きが進んだそうです。

dc150928-富士見沢

明日は早朝から丸一日晴れマークですね!
明日の朝、明後日の朝もご来光が楽しみです。

さらに、乗鞍高原一ノ瀬園地の様子です。
オオカエデは少しずつ、ほんの少しずつ、色付いています。

dc150928-オオカエデ2

2600mから降りてくる紅葉の波が乗鞍岳から乗鞍高原を包んでいます。
どこへ行っても美しい秋色に出会えることでしょう!

dc150928-オオカエデ

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

トレッキング黄葉新そば

秋色は駆け足に。

18日の朝。
デッキに出てみてびっくり。
アルムの前のカツラの木が甘い香りを放って葉を落としていたのです。

dec141018-katura

花びらのように色んな色の葉が散りばめられるこの光景には、毎年驚かされます。

dc141023-alum

23日の朝。アルムのカエデの色付きがピークを迎えました。
秋色に誘われるようにカメラを持って外へ。

dc141023-hananoki

ハナノキを見上げたら、朝日に透かされた赤い葉っぱたちと青空。

dc141023-hananokimif

色とりどりの葉っぱたちで埋めつくされた足元。

dc141023-hananoki (2)

秋ってなんだかすてきでせつない。

dc141023-mizunara

朝日なのか、ミズナラの葉なのか。黄金の光に包まれる朝。

dc141023-ookaede7

もう全ての葉を落としてしまったかな、と会いに行ったオオカエデの木。
黄色の景色の中にまだその紅を見せてくれました。

dc141023-ookaede4

ありがとうね。今年もステキな紅をありがとう。
寒くなるね。また来年ね。

dc141023-tuge

ツゲの実に朝日が輝いていました。
そして24日の朝。

dc141024-nori

素晴らしいお天気の下、この黄金に輝きつつある森に出掛けました。

dc141024-kara

1時間ほどの登り道。一年ぶりの岩からの景色の素晴らしさに息を飲みます。

dc141024-miharashiiwa

このもこもこしたカラマツの森。もうすぐ全て金色になります。

dc141024-karamatu

駆け足で山を降りてゆく秋を追いかけるような気持ち。
さぁ、明日はどんな景色がまっているのだろう。

dc141024-miharashi

そして新そばの季節です。
26日より新そばになりました。

dc121004-soba

今週末はまだまだお部屋に余裕があります。
本日から11月いっぱいは新そば付和食でもご宿泊頂けますよ(三日前までにご予約下さいね)♪
ご予約の際にお申し付け下さいね。

それでは紅葉のフィナーレ、カラマツ輝く乗鞍高原で皆様のお越しを心よりお待ちしております。

乗鞍高原プチホテルアルム
TEL:0263-93-2951